受験勉強

食生活アドバイザー独学向けテキストのおすすめと中古をメルカリやブックオフで買う注意点

osusume_text

食生活アドバイザーを独学で勉強しようと思った時におすすめのテキスト本(参考書という人もいる)がどれか気になりませんか?管理人は気になりました。えぇ…

まず、いくつか種類がある食生活アドバイザーのテキスト本ですが、オススメはなんといってもFLAネットワーク協会の公式テキストになります。

なぜ公式テキストがオススメなの?

また中古本をメルカリやブックオフで手に入れるのは安く購入できるのでもちろんOK…ですが注意点があります。

それは2019年から新しくなった最新テキストを買うことです。

では詳しく解説していきます。

3級・2級ともに公式テキストがおすすめな理由

おすすめする理由は3つ。

1つずつ解説していきます。

検定試験は公式テキストからほぼ出題される

ほぼという表現にしたのは2017年からFLAネットワーク協会にユーキャンがスポンサーについたためです。

このことで食生活アドバイザー検定試験の問題作りにユーキャンが関わってくるようになりました。

それ以前は公式テキストから100%問題が出ると言われていました。

2017年以降は、検定試験を受験する年に購入できる過去問題集に掲載されていない過去問から問題がでたりするようになりました(管理人が食アドの検定試験を受けた2017年が転換期で、実際に公式テキストに載っていない問題が記述問題でありました)

とはいっても、ほとんどが公式テキストから出題されるので公式テキストを勉強するのがベストです。

FLAネットワーク協会の合格講座の指定教科書だから

食生活アドバイザーを主催するFLAネットワーク協会の合格講座を受講する際に、公式テキストを事前に購入しておいて下さいと案内があります。

この合格講座は講習を受ける時に配られる予想問題集を通して勉強します。

その時に公式テキストでないと面倒なことになるからです。

講習を担当する講師から

講師
講師
この予想問題は公式テキストだと○○ページにあたります

というように公式テキストのページ数で予想問題の場所を教えてもらうことがあります。

○○ページは重要だからこのページはチェックしておいてね♪といった意味です。

これが公式テキストでないとあとから自分で予想問題の該当箇所をお使いのテキストで探さないといけないですよね。

はっきりいって面倒です。

合格講座を受けることを予定されている方は公式テキストを買いましょう!

独学合格者がおすすめしているから

食生活アドバイザーを独学で合格された方のブログを拝見しているとやはり公式テキストで勉強されている方が多いからです。

もちろんどのテキストを使って合格したと発信されていない方も大多数でいらっしゃいます。

そのためAmazonや楽天ブックスの口コミを参考にするのも一つです。

管理人自身もやはり公式テキストで勉強し2級に合格したことから「おすすめテキスト本」として紹介しています。

独学での勉強方法を紹介した際に、過去問に出題された問題に蛍光マークを付けながら勉強する方法を紹介しています。

中古本になると前の持ち主が重要と思うところにマーカーや書き込みがあるため自分仕様にできないという問題もあります。

こだわらない場合は別ですが、なるべく書き込みが少ないテキスト本であれば自分仕様にマーカーがつけられますね!

benkyohouhou
食生活アドバイザー2級・3級を独学で合格した勉強方法・勉強時間・勉強期間・取得費用を紹介食生活アドバイザー3級・2級を独学で合格するための勉強時間・勉強期間・勉強方法・取得費用を紹介しています。試験の3ヶ月前・2ヶ月前・1ヶ月前と勉強期間にあわせた勉強方法も紹介しています。...

メルカリやブックオフでテキストの中古本を買う時の注意点

メルカリやブックオフなどネットや店舗で中古本を手に入れる際の注意点が2つあります。

最新の公式テキストを買おう

FLAネットワーク協会の公式テキストが2019年から新しくなっています。

【古いテキスト】

【新しいテキスト】

新しいテキストになると新しい項目が追加されることが多くあります。

時代に合わせて新しい内容を追加したりするからです。

特に本文横にある※(こめじるし)に新項目が追加されていることが目立ちます。

この新しく追加された項目から問題がでることが度々あります。

テストを作る側の立場で考えても、新規で追加した内容はテストに出したいと考えるでしょうし、新しい公式テキストを買って勉強して欲しいという思惑もあると思います。

よってメルカリやブックオフで手に入れる場合でも最新テキストを買うようにして下さい。

ネットでテキストを買う場合にオススメは楽天です。

毎回ではありませんが購入ごとに楽天ショップで使える300円クーポンを配布します。

またamazonよりもポイントがつくのが大きい場合がほとんどなので送料がかからない場合は楽天ショップで本を買うことにしています。

食生活アドバイザー3級公式テキストはピンク色の表紙です。

食生活アドバイザー?3級公式テキスト&問題集 [ 一般社団法人FLAネットワーク?協会 ]

価格:1,980円
(2020/2/4 13:11時点)
感想(0件)


食生活アドバイザー2級の公式テキストはグリーン色の表紙です。

食生活アドバイザー?2級公式テキスト&問題集 [ 一般社団法人FLAネットワーク?協会 ]

価格:2,310円
(2020/2/4 13:15時点)
感想(1件)


ちなみに本屋で確認した現在書店でおいてある公式テキストの版と刷をお伝えします。

版(はん)とはほぼ同一の原版から印刷された、ほぼ同一の内容をもつものの総称

刷(すり)は印刷時期が異なるものを(すり、さつ)と呼ぶ

ただし同じ版でも多少の訂正が施されていることもある

https://ja.wikipedia.org/より引用

ややこしいことはさておき古いテキストではなく新しいテキストであれば頻繁に内容が変更されることは少ないと考えます。

メルカリやブックオフでも画像にある古いテキストが売っていたりしますので、くれぐれも改訂された新しいテキストを買うようにしましょう。

しかし新テキストであっても出版の年月が気になる方もいるかと思います。メルカリなどのネットから手に入れる場合は出品者に質問して判断してください。

参考までにテキスト本の後ろの方に載っている新しいテキスト本発行の「版」「刷」です。

食生活アドバイザー3級公式テキスト

2019年1月1日 初版第1刷 発行
2019年5月15日 第3刷 発行

※2019年9月15日現在※

食生活アドバイザー2級公式テキスト

2019年1月1日 初版第1刷 発行
2019年5月15日 第2刷 発行

※2019年9月15日現在※

独学の勉強で最低限必要なもの

公式テキストをなぜおすすめをするのか解説してきましたが、独学で最低限そろえたい教材もあわせて紹介します。

公式テキスト+過去問題集

公式テキストと公式テキスト内にある模擬問題だけでは、検定試験対策としては不十分です。

最低限必要な教材は2つ

  • 公式テキスト
  • FLAネットワーク協会から購入する過去問題集

過去問題集に関して申込方法や必要な理由が知りたい方はFLAネットワーク協会サイトを参考にして下さい。

まとめ

独学で食生活アドバイザーを勉強しようと思った時にまず「どのテキストを買おうかな?」と管理人も悩みました。

実際に本屋でテキスト本を見比べてみたりメルカリで探したりした経験から、実際にテキストを手に入れて検定試験の勉強している時に感じた経験をまとめました。

独学で勉強される方に少しでも参考になれば幸いです。